コーポレートサイト

アクセス

パルプモウルドってなに? パルプモウルドってなに?
パック

パルプモウルド(パルプモールド)は、古紙を再利用するリサイクル製品です パルプモウルド(パルプモールド)は、古紙を再利用するリサイクル製品です

パルプモウルド(パルプモールド)は、古紙をリサイクルして作る環境に優しい包装資材です。「脱プラスチックごみ問題」への対応が急務となっている現在、「自然に還る紙製品」であるパルプモウルド(パルプモールド)は地球の未来をも包む包装資材として注目されています。環境優位性だけでなく、複雑な立体成形が可能で、高い緩衝性を発揮し組み立て不要なため、包装作業の作業性向上にも役立ちます。また、当社は国内でトップクラスのシェアを獲得しています。

主な原料
新聞 段ボール パルプ 白物古紙
パルプモウルドの製法は⽇本伝統の紙抄きとほぼ同じ!
パルプモウルドの製法は⽇本伝統の紙抄きとほぼ同じ!

パルプモウルドとは、紙を原料に作られるエコ製品です。この動画では、その作り方と、私達の生活のどんなところで活躍するのかを、紹介します。

パルプモウルド製品が支える物流

パルプモウルド製品が⽀える物流

パルプモウルド(パルプモールド)製品は農業、畜産、工業の各分野において大切な製品をお客様にお届けするため、身近なところで活躍しています。

パルプモウルドの立体構造はすごい

パルプモウルドの立体構造はすごい

パルプモウルド(パルプモールド)は包むモノの形状にぴったりフィットし、あらゆる衝撃からお客様の大切な製品を守ります。

詳細はこちら
パルプモウルド製品ができるまで

パルプモウルド製品ができるまで

パルプモウルド(パルプモールド)製品ができるまでのフローをイラスト付きでご紹介します。

詳細はこちら
リサイクルの取り組み

リサイクルの取り組み

パルプモウルド(パルプモールド)はリサイクルの優等生です。その環境優位性を活かしてお客様と連携してリサイクルの取り組みも行っています。

詳細はこちら

大石産業の製品特長 大石産業の製品特長

60年の歴史を持つ業務用の卵トレー 60年の歴史を持つ業務用の卵トレー

当社の鶏卵トレーは国内でいち早く、1960年代から⽣産を開始し、鶏卵流通においてパルプモウルド(パルプモールド)製トレーは⽋かす事のできない包装資材となっています。

農業は鮮度、工業は緩衝物流支援として幅広く利用
農業は鮮度、工業は緩衝物流支援として幅広く利用

農業分野においては鮮度保持、工業分野においては高い緩衝性、その両面を兼ね揃えているのがパルプモウルド(パルプモールド)製品です。私達の身近なところで活躍しています。

鮮度保持
  • 果物
  • 花菜ポット
青果物や鶏卵の鮮度を守る

青果物や鶏卵の鮮度を守る

新鮮なおいしさをやさしく、確実に守るのが当社のパルプモウルド(パルプモールド)トレーです。

詳細はこちら
緩衝設計
  • 工業
  • 医療機器
  • テイクアウト
工業製品を衝撃から保護

工業製品を衝撃から保護

独自の設計データベースに基づく最適な緩衝スタイル・緩衝設計により、衝撃をしっかりと吸収します。

詳細はこちら
弊社の卵パック「パルピー」を採用いただいた理由を教えて下さい。
当会は1990年代に個人宅配と卵の冷蔵供給を開始しました。モウルドパックは通気性があり卵の鮮度保持が期待できることや、物流上の緩衝性に優れることが採用の決め手でした。また、当時はまだ資源のリサイクルは一般的ではありませんでしたが、モウルドパックは古紙原料として再生利用が可能であり、組合員から回収した容器を、再び原料の一部として使用できる点(※1)も魅力でした。
昨今ではプラスチックの資源循環が世界的な課題となっており、当会でも容器包装プラスチック排出量の削減に努めています。卵の容器にAPETではなくモウルドパックを採用することで、年間322t(※2)のプラスチックごみの削減につながっています。

※2 2018年度にモウルドパックで出荷された卵が、プラスチック容器で出荷されたと仮定し算出した重量

実際にお使いいただき、組合員様の評判はいかがでしょうか。
当会の組合員からは「卵パックをリサイクルとして回収してもらえるので家庭ごみが減るのはありがたい」、「環境に配慮されているところも気に入っている」などの好評のお言葉が届いています。モウルドパックの回収率は2020年10月度で81.4%(※)と高く、組合員にもリサイクルの取り組みが浸透しています。
User’s Voice
こんなところで使われています!
産直たまご

パルシステム生活協同組合連合会 様

パルシステム様の各種たまごパックで当社パルピーが採用されています。 パルシステム様・組合様との連携によりパルピーは再生利用され、新たなパルピーとしてリサイクルされます。

差別化!脱プラ!破卵防止!効率アップ!
弊社の卵パック「パルピー」を採用いただいた理由を教えて下さい。
当会は1990年代に個人宅配と卵の冷蔵供給を開始しました。モウルドパックは通気性があり卵の鮮度保持が期待できることや、物流上の緩衝性に優れることが採用の決め手でした。また、当時はまだ資源のリサイクルは一般的ではありませんでしたが、モウルドパックは古紙原料として再生利用が可能であり、組合員から回収した容器を、再び原料の一部として使用できる点(※1)も魅力でした。
昨今ではプラスチックの資源循環が世界的な課題となっており、当会でも容器包装プラスチック排出量の削減に努めています。卵の容器にAPETではなくモウルドパックを採用することで、年間322t(※2)のプラスチックごみの削減につながっています。
※1 パルシステムのリユース・リサイクルまるわかり!(PDF)
※2 2018年度にモウルドパックで出荷された卵が、プラスチック容器で
出荷されたと仮定し算出した重量
※1 パルシステムのリユース・リサイクルまるわかり!(PDF)
実際にお使いいただき、組合員様の評判はいかがでしょうか。
当会の組合員からは「卵パックをリサイクルとして回収してもらえるので家庭ごみが減るのはありがたい」、「環境に配慮されているところも気に入っている」などの好評のお言葉が届いています。モウルドパックの回収率は2020年10月度で81.4%(※)と高く、組合員にもリサイクルの取り組みが浸透しています。
※パルシステムwebサイト〈リユース・リサイクル回収最新実績〉

大石産業の技術力 大石産業の技術力

優れた製品は、優れた技術が支えています 優れた製品は、優れた技術が支えています

原料の選定、調整、成形と生産過程の全ての面で業界トップクラスのシェアを有する豊富な経験と高い技術力が支えています。この経験と技術力が当社パルプモウルド製品の礎です。

技術・生産力のこだわり
イノベーション

イノベーション

パルプモウルド(パルプモールド)は地球の未来のために様々な可能性を秘めています。当社は新しい素材、原料の検討、美しい見た目の追求等、イノベーション活動を行っています。

技術力

技術力

当社は業界を牽引するパルプモウルド(パルプモールド)メーカーとしての技術力を有しています。それは業界トップメーカーとしてのプライドと日々の研究の積み重ねによるものです。

生産拠点

生産拠点

当社は日本国内3拠点(4工場)の生産体制により、日本全国安定供給を行っています。

品質管理のこだわり
試験室

試験室

当社は日々のイノベーション・研究活動を推進するために試験室を設置しています。永年培われた試験研究データが当社製品の高い緩衝性能を支えています。

ISO認証取得

ISO認証取得

国内の生産拠点である鞍手工場、茨城工場、八戸工場でISO9001、ISO14001を取得しています。